忍者ブログ
何気なく見つけたものや日記などをつらつらと。
08≪ 2017.09|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/27 (Wed)
2011/04/11記述

ここではWindows環境にて
・Minimalist PSPSDK for Window
・Visual C++ 2010 express
を使った環境構築の紹介をしていきます。

とりあえずそれぞれをダウンロード、インストールします。
・Minimalist PSPSDK for Window
http://sourceforge.net/projects/minpspw/
ページ中ほどの緑色のところからダウンロードできます。
インストール先はc:\pspsdkとして進めます。

・Visual C++ 2010 express
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/
ページ中ほど左下のVisual C++を使います。

インストールは初期設定のままでかまいません。
これだけで導入は終わりになりますが、実際にプログラムを書いてみましょう。

Visual C++を起動し、プロジェクトを作っていきます。
・ファイル>新規作成>プロジェクトを選択
・テンプレートの全般からメイクファイルプロジェクトを選択
・プロジェクトの名前、保存場所を決めOKで作成
・ウィザードが出るので次へ
・デバッグ構成の設定に以下を入力して完了
[ビルドコマンドライン]
make
[消去コマンド]
make clean
[リビルドコマンド]
make rebuild
[出力(デバッグ用)]
(これは空白にする)

これで準備が整ったので、実際にプログラムを作ってみます。
・ソースファイルを右クリック>追加>新しい項目
・C++ファイルを選択し、名前をつけて保存(ここではtest.cとしていきます)
・test.cを開き以下を入力し保存

#include

PSP_MODULE_INFO("TEST",0,1,1);
PSP_MAIN_THREAD_ATTR(THREAD_ATTR_USER | THREAD_ATTR_VFPU);

int main(int argc,char *argv[])
{

sceKernelExitGame();

return 0;
}

・test.cが保存されているファルダを開き、新規テキストを作成、以下を入力し名前をMakefileに変更

TARGET = TestProject
OBJS = test.o

INCDIR =
CFLAGS = -O2 -G0 -Wall
CXXFLAGS = $(CFLAGS) -fno-exceptions -fno-rtti
ASFLAGS = $(CFLAGS)

LIBDIR =
LDFLAGS =

LIBS =-lpspdebug -lpspgu -lpsppower

EXTRA_TARGETS = EBOOT.PBP
PSP_EBOOT_TITLE = Sample Program

PSPSDK=$(shell psp-config --pspsdk-path)
include $(PSPSDK)/lib/build.mak

あとはVisual C++にてF7を押してビルドすれば、EBOOT.PBPが作成されていると思います。
メモステのPSP\GAMEに適当なフォルダを作り、コピーしてやれば動くと思います。
起動して終了するだけですが…

ここまでできれば環境導入は終了です。
お疲れ様でした。



ビルド時にエラーが出てしまう場合は環境パスが通っていない可能性があるので設定してあげましょう。
Minimalist PSPSDK for Windowのインストール時に設定してくれるらしいのですが、自分の環境だとしてくれなかったのか駄目でした…
・Visual C++にてツール>設定>上級者用の設定を選択
・ファイル>新規作成>プロジェクト>空のプロジェクトと選択して作成(設定変更に使うだけなので名前は何でも)
・表示>プロパティマネージャーと選択、左にウィンドウが出るのでプロジェクト名>Debug | Win32>Microsoft.Cpp.Win32.userを右クリックしプロパティを開く
・構成プロパティ>VC++ディレクトリを選択
・実行可能ファイルディレクトリを選択し、右のドロップダウンメニューから編集
・上のボックスに以下の2つを入力しOK
C:\pspsdk\bin
C:\pspsdk\psp\bin
・同じ手順でインクルードディレクトリ、ライブラリディレクトリにも2つずつ追加
インクルードディレクトリ
C:\pspsdk\psp\include
C:\pspsdk\psp\sdk\include
ライブラリディレクトリ
C:\pspsdk\psp\lib
C:\pspsdk\psp\sdk\lib
・適用してOK
・プロジェクトを閉じるときに変更を保存するかきかれるのでもちろん保存
これでビルドが通るようになるかと思います。
一応VC++を再起動してビルドを試してみてください。
もう設定するためにつくったプロジェクトは消去してかまいません。
PR
2000/01/01 (Sat)
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TRACKBACK URL :
プロフィール
name:がぅ
sex:いわゆるオトコ
age:永遠の26歳
mail-address:
tubasanonaitensi*hotmail.com
*を変えてください
skype name:
thanatos37564

何となくサイトを始めて、何となく拾った情報をまとめてみてる
毎日ダラダラ過ごしている堕落人

完美ブログ
からっぽの世界 -empty world-

<pc>
OS:WindowsXP Pro SP2
SPEC:Intel PentiumD 3.4GHz
3.42GHz,3.50GB RAM
物理アドレス拡張
ちなみに自作です。
twitter
http://twitter.com/gau37
Twitterブログパーツ
Tenco!
応援中
Copyright c からっぽのびん -empty bottles-。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]